在宅医療

概要

高齢者施設

コミュニケーションツールとして

ハートラインはコミュニケーションツールとしてもご活用頂けます。
システムにつなぐだけで、離れて暮らすご家族、施設のスタッフ、訪問看護し、かかりつけのお医者さんをつなげることができます。

コミュニケーションツールとして

高齢者施設のオンコール当番について

入居者様からの自動アラート又はテレビ電話に対する対応。

当直業務中に施設内の入居者様の状態が悪くなった場合、救急要請するか、担当訪問看護師または医療機関との協議にて対応。

高齢者施設のオンコール当番について

高齢者施設で使用して頂く場合の概要

血液検査結果

 現行高齢者施設の課題

医療機関の診療報酬改定に伴い、医療度の高い入居者、終末期の管理に対する期待の増大。

 

管理する介護士や看護師に不安感
  (特に夜間の見守り体制)

 

医療機関との連携の図り難さ。

 

御家族への状況報告の頻度が増大。

arrow1

 システム導入の目的

  • 他施設との差異化が図れるため、入居率UP。
  • 自動アラート機能でより安全な見守り体制の構築。
  • 医療度の高い入居者様の受け入れが可能に。
  • 施設より御家族への状況報告がTV電話使用で、容易に。