在宅医療

概要

概要

患者様

現行住宅医療の課題

  • 月に数回の訪問診療のみでは不安。
  • 体調が悪くなった時の心配。
arrow1

システム導入の目的

  • 常に見守られているという安心感。
  • 自動アラートで緊急時にも適切な対応が。

離れて暮らすご家族

現行住宅医療の課題

  • 患者様の状態が気になるが、確認方法がない。
  • 年に数回しか帰ることができない。
  • 病状の説明を受けにわざわざ病院まで出向かなくてはいけない。
arrow1

システム導入の目的

  • 日々の状況把握が可能。
  • テレビ電話で入居者様と顔を見ながら会話が。
  • テレビ電話で病状説明を受けることができるので、医師との時間調整や会話がスムーズに。

医療機関

現行住宅医療の課題

  • 患者様の日常生活の把握がしにくい。
  • 終末期医療はいつ呼ばれるか不安。
  • 訪問看護師・介護士の精神的身体的負担が大きい。
    (24時間体制構築しなければならないため)
arrow1

システム導入の目的

  • バイタル情報などをリアルタイムで確認可能。
  • 状態把握が出来るので適切な判断が。
  • システムを介して情報共有が可能なので、医師にも相談をしやすい。