人工透析

離島・僻地型運用モデル

離島・僻地型運用モデル

離島・僻地型運用モデル

透析専任医師がいない病院の見守り医師による遠隔管理された透析

透析を行っている時期は…

  • 患者様のバイタルを常時継続的に監視記録し閲覧が可能です。
  • バイタルやコンソールの異常情報検知時には、自動アラートを関係者(見守り医師、看護師、技師など)PC、タブレット端末へ送信します。
  • 異常内容の表示。対象患者様の検体検査結果、レントゲン写真、処方内容が表示されます。
  • 現場スタッフより見守り医師に対し、能動的な呼び出し機能及び、テレビ会議機能による情報の交換が可能です。
  • 指示発生時は、指示者、実行者、指示内容を記録します。
 

カンファレンス、病状説明の時間は…

  • テレビ会議による患者様、その御家族、スタッフとのコミュニケーションが取れます。
  • 透析記録、検体検査結果、レントゲン写真、処方内容を双方が同じ画面を閲覧出来ます。
  • 心胸比の自動計算、記録が可能です。
    ※電子ペンによる指示内容や記録の記載をする機能があります。