人工透析

急性期病院転出管理モデル

急性期病院転出管理モデル

現行在宅透析の課題

  • 安全運用の担保に不安感があります。
    (基本的に自己管理、ご家族が介助者)
  • 医療従事者による管理の難しさがあります。
    緊急時の対応に遅れの恐れがあります。
  • 本人とご家族に機器管理の不安感があります。
arrow1

システム導入の目的

  • 本人、同居ご家族にも、システム見守りで安心してもらえます。
  • リアルタイム透析監視と自動アラートで在宅透析の安全運用が担保されます。
  • 穿刺や機械の操作など継続的、必要に応じ指導出来ます。

導入イメージ

  • 急性期病院→透析患者の急性期
  • 療養型病院透析室→亜急性期
  • システム設置高齢者施設→回復期
  • 再度通院透析又は在宅透析→安定期
arrow1
状況に応じ円滑な転医を行います。