人工透析

在宅血液透析モデル

在宅血液透析モデル

在宅透析モデル

在宅血液透析

現行在宅透析の課題

  • 安全運用の担保に心配感があります。
    (基本的に自己管理、ご家族が介助者)
  • 医療従事者による管理の難しさがあります。
    緊急時の対応に遅れの恐れがあります。
  • 本人とご家族に機器操作管理の不安感があります。
arrow1

システム導入の目的

  • 本人、同居ご家族にも、システム見守りで安心してもらえます。
  • リアルタイム透析監視と自動アラートで在宅血液透析の安全運用の担保されます。
  • 穿刺や機械の操作など継続的、必要に応じ指導出来ます。

当社システムの利点

①穿刺などテレビ電話でアドバイスが受けられます。

①穿刺などテレビ電話でアドバイスが受けられます。

②画面登録機能で各部の管理などができます。

画面登録機能でシャントの管理などができます。

・シャント管理
・食事指導
・レントゲン写真共有
・排液チェック
・出口部チェック
などにご活用頂けます。

③Bluetooth体重計で除水量や体重を管理できます。

Bluetooth体重計で除水量や体重を管理できます。

除水量は体重計に排液バッグを乗せると自動計算される仕組みを搭載しています。日々の体重計も自動入力が可能です。